人文・思想 人生論・教訓

相手を指摘しないこと|人を動かす|人を変える9原則編

created by Rinker
¥1,568 (2022/08/09 07:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

今回のキーワード

★誤りを指摘するとき

相手を指摘しないこと

人を変える9原則
人を変えようとする前にまずは、自分自身の正しさの為に相手を変えようとしないこと。

これを自分自身に問い、自分の為に相手を変えるのではなく、相手自身の為に相手を変える必要があるとき、相手を変えるアプローチをはじめる。

まず、相手を変える必要があるとき、相手か何らかの誤りをしていることになる。

例えば、子どもが1+3=8と理解しているようなとき、相手の関係が近くなればなるほど、「1+3=4でしょ!!」といって、相手の誤りを指摘して、直ぐに答を教えてしまう。

しかし、いきなり指摘して答を教えても、相手は反抗心をいただくことになる。

なぜならば、相手が誤っていたとしても、相手は正しいと思い込んでいるから。

そのためにもまずは相手の誤りに共感をしてから、正しいと答と導いていくこと。

よく、コミュケーションの本で、相手の意見を指摘するときは、Yes Butを使いなさいと書かれている。

そうですね~でも答は~ですね・という感じで。

しかし、カーネギーはYes butではなく、Yes +そして+メタファーを使うと言っている。

子どもの1+3=8を正すとき、「1+3=8と思っているんだね。

そして、1つの飴と3つ飴があったとしたら、君は何個の飴をたべられるかな?」という感じで。

相手の誤りを指摘するとき、相手を前面否定をして正しい答を教えるるのではなく、相手に寄り添って正しい答を導いていく。

これが相手を変える第1歩になるのだと思う。

今回のオススメの本

created by Rinker
¥1,568 (2022/08/09 07:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

あの曲を今すぐに

忙しいビジネスパーソンにオススメ

  • この記事を書いた人

sekiguchi.takeshi

-人文・思想, 人生論・教訓
-