文学・評論

葉っぱのフレディ

春、フレディは1枚の葉っぱとして太い枝に生まれた。

夏、フレディは太陽の光を浴びながら、自らの成長と、

木に栄養を与え、人々に木下に木陰をつくる仕事をした。

秋、フレディは、周りの葉っぱたちと一緒に、

色鮮やかな赤や黄色になった。また、

人々に紅葉という美しさを演出する仕事をした。

フレディは葉っぱとして生まれてきて、

よかったと思った。

そして、冬、

フレディの周りの葉っぱが次々と散っていた。

フレディは自分が散るのを恐れた。

でも、それが自然の変化であり、

それにどんな葉っぱも逆らえない。

そして、最後にフレディも散っていた。

でも、ぜんぜん痛くも怖くもなかった。

フレディの”いのち”が抜けた葉っぱは、

やがて、土に帰り、再び木の栄養分となり、

春に新たに生まれてくる葉っぱ達の貢献をした。

実際の農業の仕事の中でも、

秋に落ち葉を集めて腐葉土を作ります。

そして、その栄養価の高い腐葉土を使った土に、

新たな作物を種を蒔き、新しい命を生み出します。

そう考えると、フレディは、

自然と時間の変化の中で成長をして、

色々なところで貢献をした生涯だった。

そして、きっと人間も一緒だと思う。

歴史に名を残すようなことをしなくても、

きっと、今を生きて存在をしているだけでも、

自分の目には見えない色々なところで、

きっと何かを貢献をしているのだと思う。

フレディは幹から落ちるとき、

その木全体の大きさを知った。

人もきっと”いのち”を終えるとき、

人生全体の意味を知るのだと思う。

今回のオススメの本

created by Rinker
¥1,650 (2022/10/06 18:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

あの曲を今すぐに

忙しいビジネスパーソンにオススメ

  • この記事を書いた人

sekiguchi.takeshi

-文学・評論
-