ビジネス・経済 仕事術・整理法

誰のための質問ですか?|しつもん仕事術

created by Rinker
¥900 (2022/10/05 22:30:02時点 Amazon調べ-詳細)

今回のキーワード

★誰の為に質問をするの

誰のための質問ですか?

人は質問する・される事で答を探そうとする。

質問とは、無意識に問いかける、意識的なコミュニケーションだと思う。

だから、相手に質問をする時は、誰の為にどんな理由で質問をしたいのか、を明確にしておく必要がある。

なぜならば、相手に無意識へ質問を問いかけると同時に、こちらの無意識の気持ちも相手に伝わるから。

例えば、子どもがテストの結果が悪かったとき、親が「なんでこんな点数なの?」と子どもに質問したとする。

この質問は、誰の為にどんな理由で質問をしたのか。

この場合、親が自分自身の為に自分の気持ちを埋めたくて、子どもに質問をしていると思う。

親の「なんでこんな点数なの?」という背景には、親の子どもテスト結果への期待感(良い点数)が存在していて、親は、その期待感を埋めてもらえなかったので、子どもに悪いテスト結果の理由を求めてしまう。

その親の言葉や表情、無意識で伝わるメッセージを感じとった子どもは、テストで出来なかったことの言い訳をしてしまう。

人は質問をする事で、答を探そうとする。

それは、自分自身に対してでも、相手に対してでも。

だから、質問をする時は、新たな気づきや次につながる質問を意識してしていく必要がある。

上記の例では、単に親自身の気持ちを満たしたくて質問をして、子どもは言い訳をして終わっていく。

これでは、親の気持ちが一瞬満たされるかもしれないが、子どもの心は満たされることはない。

これは、自分自身に対する質問でも一緒のこと。

自分が質問をするとき、誰の為にどんな理由で質問をするのか。

その事を意識してみてもいいかもしれない。

あなたはいつも誰の為に質問をしていますか?

今回のオススメの本

created by Rinker
¥900 (2022/10/05 22:30:02時点 Amazon調べ-詳細)

あの曲を今すぐに

忙しいビジネスパーソンにオススメ

  • この記事を書いた人

sekiguchi.takeshi

-ビジネス・経済, 仕事術・整理法
-