人文・思想 哲学・思想

いつでも「いま」を楽しむこと|二宮金次郎の幸福論

created by Rinker
¥2,704 (2022/08/09 16:20:30時点 Amazon調べ-詳細)

今回のキーワード

★現実を楽しむ

いつでも「いま」を楽しむこと

二宮金次郎幸福論のマインドマップ
夏あら秋になることは、百穀がまだ熟していないが、どうして秋の実りがないことがあろう。わせ・なかて・おくてが相次いで熟し、ついに百穀ことごとく熟すようになる。熟しないものを心配するのが、これまた人情の常である。しかし、まだ熟しないものを心配するより、すぐに熟したものを取入れる方が、どれをほど良いかわからぬ。

お米は秋に実るもの。

夏に、お米が実ることを心配するぐらいなら、夏に食べられるものを楽しむこと。

夏は夏のスイカやトマトを楽しみ、秋には秋のさんまや新米を楽しむこと。

それは、季節のいまを楽しむこと。

カウンセリングでお話を聞いていると、いま不安を感じている人がとても多い。

確かに、社会情勢・天災・人間関係などで、不安に感じることが多いと思う。

でもね、不安というのは、いまにあるのではなく、自分の見えぬ先の未来にあるもの。

それは、夏に秋の新米が、食べられるかどうかを心配するようなもの。

自然界のものは、熟すまでに時間が必要。

まだ熟し切れていない未来をいま不安に思うより、いま熟したものを見つけていまそれを楽しむこと。

金次郎が活躍した1800年当時の人も、また、2013年の人も、本質的には同じようなことを悩んでいるのだと思います。

社会文明が変われども、人はなんにも変わっていない。

だからこそ、いまふたたび昔の人の知恵を学ぶ必要があるのかもしれませんね。

続きを明日書きます。

今回のオススメの本

created by Rinker
¥2,704 (2022/08/09 16:20:30時点 Amazon調べ-詳細)

あの曲を今すぐに

忙しいビジネスパーソンにオススメ

  • この記事を書いた人

sekiguchi.takeshi

-人文・思想, 哲学・思想
-