人文・思想 哲学・思想

正義という名の利権|正義という名の洗脳

created by Rinker
¥972 (2022/12/08 01:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

今回のキーワード

★利権とは

正義という名の利権

正義という名の洗脳マインドマップ
よく正義という名の下には、利権という存在が見え隠れする。

本当は正義のためにではなく、自分の利権のためにあったりする。

ただ、自分の利権のためだけだと、多くの人の共感は得られないので、正義を大義名分にしていく。

例えば、原子力発電所。

エコでクリーンで環境に優しい発電所が3.11前の売り文句で、環境に優しいが正義の部分。

その正義の結果、この狭い日本で54機もの原発施設がある。

その結果なにが起きたか?3.11以前はありあまる電力を持て余し、とてもエコとはいえない夜でもあかるい街を作りだし、オール電化という考え方もあった。

でも、3.11以後は放射能という環境への問題がいまも続いている。

エコでクリーンとはいったいなんの事だったのだろう?もちろん、エネルギー源として原発という存在は必要だったのかもしれない。

でも、正義のとろころだけを主張して、その反面に存在する闇の部分に触れず、結果として問題が起きたときに、「想定外」でしたとかたづけてしまうのは、エネルギーとしてのメリットではなく、利権としてのメリットがあったのではと、考えてしまう。

正義が強く主張されたとき、それと相反するものが存在し、また、主張された分の利権(メリット)も存在している。

いや、たぶん、きっと、利権(メリット)を存在させるために、正義が生まれてきて、その結果として、相反するものも生まれているのかもしれない。

正義とは、正義を主張する人間のメリットである。

すべてはこの構図で成り立っているのだと最近は思います。

今回のオススメの本

created by Rinker
¥972 (2022/12/08 01:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

あの曲を今すぐに

忙しいビジネスパーソンにオススメ

  • この記事を書いた人

sekiguchi.takeshi

-人文・思想, 哲学・思想
-