エッセー・随筆 文学・評論

情報は情報までに|情報論ノート

今回のキーワード

★情報化社会へ

情報は情報までに

情報論ノートマインドマップ
いまの時代、インターネット技術の発展、携帯電話からスマートフォンへの進化。

いま、電車の中などでスマートフォンを使っている人をよく見かける。

いつでも・どこでも、情報にアクセス出来るようになり何かわからないことがあると、すぐに調べられるようになった。

でも、わからないことを、すぐに調べてわかるようになるから、逆にわからなくなってきているとも思う。

人が探求心をもつことは大事。

なぜだろう?、どうしてだろう?、子どもも大人も探求心があるから、深く考えて、人として少し成長をする。

でも、調べることが簡単になると、キーワードだけで簡単に調べることができて、すぐに答えらしきものが入手出来るので、自分の中で色々な角度から深く考えることができなくなる。

インターネットに答えがある問題を解決することはできるけど、インターネットに答えがない問題になると、解決出来なくなってくる人が多くなってくると思う。

自分の人生の意味は?なんて問題は、いつの時代になってもインターネットで検索できないこと。

自分の心に問いかけ、自分で深く考えていくこと。

いつでも情報にアクセス出来るのは便利だけど、所詮、情報は情報だけでしかなく、得た情報からどう、深く問いかけ、どう創造していくのか、それは、今までも、これからも、いつの時代も自分自身のものでしかないと思う。

今回のオススメ本

created by Rinker
¥880 (2022/12/08 01:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

あの曲を今すぐに

忙しいビジネスパーソンにオススメ

  • この記事を書いた人

sekiguchi.takeshi

-エッセー・随筆, 文学・評論
-